上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
名前を呼ぶ…
それって実はとってもかけがえのないpreciousなことなんだな・・・
って最近思っている。

グレース

ぐっちゃん

ぐれ!

もう名前を呼べない。
呼んでも返事がない。

それってこんなに悲しくて寂しいことなんだって
なんか最近無性に感じている。

これからは
もっともっと色々な人に愛をこめて
しっかりと名前を呼ぼう。

名前を呼ぶって
当たり前のようで
とっても大切で素敵なコミュニケーションなんだろうな。
スポンサーサイト
2009.03.31 Tue l 未分類 l COM(0) TB(1) l top ▲
ここ数日、いろいろなことでいっぱいいっぱいになって、
神様…もう無理です。って祈っていた。
でもその明け渡しが日々必要なのかもしれないけど・・・
結構打ちのめされてクタクタだった。

そんな昨晩、追い討ちをかける出来事が…

夜中に同居犬ランディが血だらけなのを発見してしまったのだ。
本人はいたって元気なんだけど、
とにかく口のまわりと前足が血だらけ…
でも夜中で暗いし、私も眠いし、結局出所が分からなかった。
朝、大家さんが病院へ連れていく。

私はその間出かけていたんだけど、帰ってきたら大家さんはいなくて
ランディは元気に迎えてくれた。でも昼で明るいから明確に分かった。
血は鼻から出ている…

その後、大家さんから事情を聴くと、
もしかしたら鼻の奥に腫瘍がある可能性もあるから要再検査とのこと・・・
ランディも13歳。何かそういうことがあってもおかしくない年齢だって。

皮肉なことに数週間前に「年はとったけど今のところとっても健康ですね。」って言われたばっかりだったし…
でもグレも春の健康診断は大丈夫だったのに、本当にあっという間の出来事だった・・・

とにかく、この状況の中で走馬灯のように色々なグレとの闘病生活が思いだされて
とにかく凄いフラッシュバックだった。

いやだ
またランディもいなくなっちゃうなんて
また
自分が何もできないことに苦しむのは
また
急にいなくなってしまう、そのぬくもりを失うのは

まだ私には受け止めきれない…
神様、どうか助けてください。
ランディを守ってほしいし
私の心があなたにあって平安でいられますように。
2009.02.15 Sun l 未分類 l COM(0) TB(1) l top ▲
アメリカにいるメリットは洋画がちょっとだけ日本より早く見れることかな~。
今日は「モーリーと私」の映画版を見てきました。

あ~。泣き疲れた…
もう泣き始めたら、止まらなくなっちゃって、
でも友達の手前(友達も泣いてたけど)声まであげて泣けず・・・
でも車に乗って1人になったら、もう止まらない!!!

もう1つ1つのシーンがぐれの思い出と重なって。
モーリーもかなりの悪い犬だけど
グレだって負けず劣らずだったからね。

相模川で流されるペットボトルを追いかけてどんどん下流に流されて行っちゃったり、
ボールも何個も飲んだし、(そして下から出したし)
大学では友達の手を振り切って馬場の馬を追いかけたし
羊のウン○は食べるし、
鶏の卵はペロッと生で10個ぐらい軽く食べるし、
イスの足をがりがり噛んですごい形にしちゃったし、
運転中の私の膝の上に乗ってくるし…

もう、書いていたらきりがない。

でも、
帰ってきたらどこにいても飛んできて、
泣いていたら一緒に真剣な顔をして黙ってそこにいてくれる、
ただ、暖かくて、優しくて、明るくて、そこにいてくれる。

そして過ごした10年と少しの思い出の
そこに、とにかくいてくれた

映画の中の本当に1つ1つが
私の思い出と本当に重なって。

最期に長男の男の子がお母さんに
「最後にモーリーに言うことは?」って聞かれて
He knows.
って答えてたんだけど。

そう。
Grace knows what I want to talk to her...

また書いていたら涙が止まらなくなっちゃったんだけど、
犬との生活って
本当に素敵なものです。

願わくばまたいつか
このケムクジャラの大きな温かい生き物と
一緒に暮らす日が来たらいいと思っています。
でもまだしばらくは…

2009.01.30 Fri l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
2009年になりました。
2008年はホントにホントに思い出したくないような1年でもあったけど、
でもいつまでも覚えていたい1年でもあったのかも。
新年になって、私たちが「どんどんカー」と呼んでいたカートを誰かに譲ることにした。
最期の、辛い介護の中でも楽しい思い出がたくさんつまっていたカート。
一緒に思い出の場所をたくさん歩いて、
新しくできた「ミニストップ」に行って一緒にソフトクリームを食べたり、
タリーズで一緒にお茶したり、
芝生の上に寝転んだり…
満足そうな、楽しんでるグレの顔は今でも思い浮かぶ。
mixiで募集したところ、たくさんの方に連絡をもらいました。
みんな、愛するわんこのためにと思っていろいろ悩み、考えている。
胸がぎゅーっとして、涙が出た。
ホントはみんなの力になりたいんだけど…
あるけなくなってしまったわんこたちが最期まで明るく楽しく過ごせるように…
祈っています。

日本も寒いみたいだね。
母と電話で「まだまだ寂しいね」って話してました。
母はグレの骨壺に私が最後の誕生日にプレゼントしたピンクのダウンジャケットを着せているんだって。
そこに、もうグレはいないけど。絶対に天国で自由に走り回って、私のこと待っててくれているはずだけど。その気持ちは痛いほど分かる。
2009.01.13 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
今日12月4日はグレースのお誕生日です。
毎年ずっと祝っていたのに、今年は一緒にお祝い出来ないと思うとまだまだとっても寂しいです…
ホントなら12歳の誕生日。13歳、14歳って…ずっとお祝いしたかったけど。
神様が12年前のこの日にぐっちゃんを送ってくださったことに感謝です。
041205_2320~01
グレは結局12月4日に生まれてから約40日後に我が家にやってきました。
本当は母犬から離れるには少し早すぎたんだけど、その地域にパルボウイルスが流行ってて、そこから隔離するためにも結局会いに行ったその日に電車に揺られてやってきたんです。
なんだか遠い昔のような、でも、今でもはっきり覚えているグレが我が家にやってきた日。
私にとっては本当に初めての犬だったから、こんなにまで私にとって大きな存在、
色々なことを一緒に経験できる存在になるって、その時は思ってもみなかった。

今日は改めて、グレが与えられたことに感謝することにします。
ありがとね。ぐっちゃん。

061224_2017~02
2008.12.04 Thu l 未分類 l COM(1) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。